読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイノリティ雑貨店

社会に関すること、自動車、発達障害などを扱うブログです。社会ブログなのか、車ブログなのかよく分からなくなってきました。

借金玉さんのブログを見て、発達障害の生き方を考えてみた。

【前書き】 ずいぶんと書くのが遅くなってしまった。 このクソみたいな先延ばし癖をなんとかしなければ人生は開かれない気がするのは間違いない。それはともかく、今回は題名の通り借金玉さんのブログより思ったことを書いていきたいと思う。 はてブでは言及…

発達障害の人が向いていないはずの会社員を望むわけ

かなり前の記事を使っていますが、めんどくさくてしばらく放置していた結果です。はい。 リハビリとともに、記事を書いていきましょうか。 tm2501.hatenablog.com この記事にヒントをもらったので、話題を展開していこうと思う。 確かに、学校の授業はありま…

発達障害とチョコボール

今回ね、発達障害の得意分野がどうして組織で使いにくいのかをチョコボールで考えてみたんですよ。 ぶっちゃけ、くだらないので適当に流してくれてもかまいません。 当事者の得意分野って、チョコボールでいう「銀のくちばし」「金のくちばし」に相当する部…

発達障害の人が嫌い? それ、あんたらが自分で招いたことじゃないの?

しばらく黙っていたんだけど、久しぶりに言わせていただこう。 「おとなの発達障害・・・あなたの職場には?」みたいな話、あれには本当にやきもきした感情を抱いてしまう。これから理由を説明していこう。 自分はここでも、Twitterでも何回か言っているが、…

発達障害って、現代社会からの排除の口実なのかもしれない

何らかの明確な障害を持つ人に対して「代わりに何か特異な才能を持っているはずだ」と期待を寄せる風潮が嫌い。実際には何の才能もない人だっているかもしれないし、障害が代わりの才能を担保するなんていうのは都合の良い幻想にすぎない。別に何の才能もな…

定型発達者の強みは「安定度」と「とりあえずこなせる事」だと思う

【はじめに】 今回の話は発達障害の人から見て、定型発達の人がなぜ組織でそれなりに動けるのかという観点で話をしていきます。 仕事で教育を担当する方も参考にされるとよいのかもしれません。 (今回、引用はしないけどイメージ用資料として使いたいもの)…

ろくに分かってねえ癖に「アスペ」なんて言葉を使うな!

あのですね、みなさん思っていることかもしれないけどブログで言っている人今のところ見たことないんで言いますね。 アスペって言葉を簡単に侮蔑語として使うんじゃないよってことだよ。 もともとは、れっきとした医学的根拠のある言葉なのよ。だいたい、日…

言語性IQ優位者が「勉強だけの人」みたいにされてしまう理由

どうしてもひっかかることがありました。 WAIS-3の内容のウィキペ記述信じるなら、言語性IQは実際のところただの学力テストじゃねーかって話で、IQていう単語から受ける先天的な頭の良さとは全然違うよなと。なまものさん情報だとMENSAは言語性IQだけ見てる…

発達障害の精神年齢が低いのって本当に人生経験が足りないせい?

zakka10wasabi.hatenablog.com 発達障害の人の精神年齢がだいたい健常者の6~7割または3分の2という説は割と強いし、当たっているとは思う。そのことに言及する記事を昔作ったくらいだ。 <a href="http://zakka10wasabi.hatenablog.com/e…

ADHD当事者が持つ頭の中のノイズについて

【この記事を読む前の注意】 いきなりで申し訳ないけど、おそらくこの記事は定型発達者の感覚では意味がつかみにくいと思います。すいませんが、ご了承ください。定型発達者でも小学低学年くらいの落ち着きのない少年なら理解できる要素があるかもしれない。…

発達障害を隠して働く背景

diamond.jp 障害者雇用のあり方/障害を隠して働くということtogetter.com 「障害者の癖に業務を邪魔してまでまともな給料をもらおうと思うな」ということに尽きるのだろうけど、そうせざるを得ない状況が日本の雇用にはあるんじゃないかなということだ。 実…

発達障害特有の見積もりの甘さの追求

言語分野が得意な発達障害の人の失敗の理由で意外とよくあるのが「見積もりがまずかった」ということ。この回数が人に比べて多いのは多分実感できると思うんですよ。 見積もりの要素ってなんだろうかって考えると分かりやすいのかもしれない。 物事に対して…

自分の認知特性を調べてみた

自分の特性が知りたかったので、知能試験を使わず調べるにはどうすればよいか?みたいなところを考えたところ、この本がヒットしたので買った。 医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書) 2012年に出された本だが、…

発達性協調運動障害の苦しさって困る割に知られていない気がする

アスペルガー症候群とか、ADHD、LDやPDD(広汎性発達障害)あたりは結構知られてきている。発達性協調運動障害というものを知らない人って多いんじゃないだろうかってことを今回は話していきたいと思う。 自分は当事者ではないけど(正式に診断され…

発達障害者に作業所の仕事を与えても問題は解決しない

デイケアに作業所に就労移行支援施設。支援者や医師は通った方がいいというけど果たして本当の意味でこれらが発達障害当事者のため、利益になっているのかは微妙なところね。確かにいくつかのメリットはあるのでしょうけど、それを上回るほどのデメリットも…

発達障害の雰囲気訂正コストの高さを甘く見ないほうがいい

題名がすごくわかりにくいのはもう、これしか言葉が見当たらないから使っているだけです。 そんでもって、「あんたが言い出した雰囲気訂正コストって何ぞや?」について話を進めていこう。 前提として訂正コストという言葉を使う以上、社会的(一般的な会社…

多動症的リーダーと内部多動症的リーダーをうまく活用する!?

「多動症的リーダー」が持つ力 : まだ東京で消耗してるの? 「多動症的リーダー」が持つ力 : まだ東京で消耗してるの? なんで、こんな妙なことを思いついたかといえばイケダハヤトさんのこの記事がもとだ。多動症と一般的に言われているのはADHDの特徴的な…

認知の歪みって共感しにくいんだろうなって話。

ちょっとした発達障害関係の話を久しぶりにしようかと思う。 ニキ・リンコさんの本を読んでいるといろいろびっくりすることがある。シャワーや雨が痛い。浴びれる人はえらいなと思うということを自分は今まで考えたことはなかった。それは当然だ。自分には感…

自己肯定感を軽視する人たちの思考を考えてみる。

石橋尋志さんのツイートで考えさせられることがあったので、これから書いていきたいと思う。 発達障害の子を持つ親御さんへ。 その子の長所を伸ばすといいよと言うと「仕事につながらない、社会の役に立たない長所なんて伸ばしても意味ない」と言うお母さん…

自閉症スペクトラムの個人差が激しいわけ?

視線認知と自閉症(ASD)の特性(1)-社会的学習が苦手なわけ-視線認知と自閉症の特性(2)-共同注視ができないことの意味するもの-ここ最近、発達障害関係の話をしていないうえ、あまり学んでいない気がする。それゆえ、もう少し学ぶということ、考え…

障害者だって、社会で納税者になれるよ

ここで「は?お前何言ってるの?」という意見と、「うん、そうだね」という意見が出てくると思う。だいたいの日本人は前者の意見が出てきそうだ。だが、逆に後者の意見を言えるようになったら、割といつも考えている人になるのではないだろうか。面白い記事…

同じミスを繰り返すメカニズムについての考察

発達障害メモ - 「経験から学べない理由」「学習しない」「同じ過ちを繰り返す」って怒られることが多かったです。では、「経験から学ぶ」というのはどういうことなのか。起こったことを、記憶と照らし合わせながら再認識や解釈、理解をする、というプロセス…

発達障害の大学生の就労支援について

ちょっとではあるが、そういった関係の本を読んでみた。「実質、大学の発達障害教育はカウンセラーに丸投げ気味」「大学全体で組織的な支援ができていない」ということが主に書いてあった。これはその通りではあると思う。むしろ、「発達障害」の言葉を聞い…

運動が嫌いになる?

運動の嫌いな子は結構日本には多いらしい。 特に発達障害があると嫌いになる要素は強くなるだろう。普通の子ですら、「体育を楽しめない」「先生が怖い」「運動のできる子から下手と言われてつらい」などの意見がかなり多い。自閉傾向をもつ子供は割と球技が…

ADHD独特の目線

ADHDの人は割と空想にひたることが多いだろう。その時に、どこを向いているのか分からないと感じる人が一定数いるようなので、それについて話していこう。結論から言うと、見ているのは「壁や空、物の間などの割と無地な所」だ。少なくとも、何か情報を得る…

ニッチだって、広げれば強い!

ニッチの話をしているエントリ「得意なことより「アタリマエのこと」にうるさい」の考えをもう少し広げていきたいと思う。なんでも平均的にできるゼネラリストが日本の会社では好かれる。なぜならほかの部署に回すときにすぐできるので金と手間がかからない…

生きづらさへの援助

ADHD、アスペルガー、LD、PDD、協調運動障害という診断名はつけるだけなら医者であればできる。なんとなくの知識を使い、杓子定規な基準で決めつける。ひどい人だと、30分話しただけでアスペルガー認定された人もいるらしい。診断名があることによりどう対…

ジョブコーチの必要性

現在、Kaienなどではジョブコーチの人が間にはさまって職業指導の活動をしている。本来、知能に問題がない人は健常者枠で上司の指示をそのまま聞いて仕事に着手する。しかし、自閉傾向/不注意などがあるとどうしても上司の言いたいことなどを曲解したり、聞…

大人になっても要素が残っていること

発達障害の症状が大きくなるのは、割と小さいころではないだろうか。当然、小さい頃っていうのは脳のシナプスがそんなにバイパス化しておらず、どこか不完全なつながりになってしまっているような状態だ。だから、子供は判断などがつかなかったりすることが…

自閉度、多動度(不注意でも可)、知能を3軸で考えてみる

発達障害界では割と有名な「自閉症スペクトラム」。自閉度だけでなく、多動もこのシームレスな概が使えそうだ。健常者と重度の自閉(多動・不注意)の特性を持った人の間には数値で表せるようなデジタルな境界の概念はない。(AQ指数があるが、あれは曖昧な…

国立大学の二次試験が面接になる?

これは、はっきりいって難しい問題ではないだろうか。基礎学力を図るための試みが実質センター試験の点数だけになるのだ。変な話、マークシート対策と面接のイメージだけで東大に入れてしまうことになる。どうせなら、センター試験を省いて大学特有の筆記試…

日本ではニッチを作りにくい?

定型発達者が主導を握るサラリーマン社会。今の就職活動はサラリーマンがほとんどだ。そういった中で、発達障害の特性はかなり問題となってしまう。大まかな評価としては「周りが見えない」「突拍子もない提案をする」「どういう理解をしてやがる」など、ネ…

得意なことより「アタリマエのこと」にうるさい

やたら博識な人、得意知識はすごい、絵が天才的に上手い人、工作は丁寧すぎて職人レベル。でも、友達に悪気なくひどいこと言ってしまったり、使ったものを片づけたりすることをよく忘れちゃう。そういった割と極端な特性を持つ発達障害の人は「苦手なこと」…

gifted(ギフテッド)についての基礎的な意見

発達障害の分野を扱う以上、少し考えないといけないのがギフテッド/2Eのことだろう。(2E→twice exception 直訳:2つの例外)まぁ、なんというか「天才でしょ?支援なんか必要ないよね〜」 「うちの子もこの教育すれば天才になる!!」とか言っている人は…

理解ないコメントに爆竹をうつ

発達障害の話題は割とひどいコメントとかある世界なのは分かる。たとえば、2ch系のブログで知識がない人が放つコメントにはたまに人としての尊厳にかかわるような発言をしているときがある。なんというか、電車で舌打ちするサラリーマンに近い。そういう言葉…

問題なさそうね・・・

教科書や専門書を見て、「この人、アスペ?ADHD?」と思える人って実はそんなにいないんじゃないかと思う。(あったか発達障害さんのブログによると、二次障害がきついと教科書通りのようになりやすいとのこと)よっぽどの状況じゃない限り、自己流の処…

発達障害と健常者の精神年齢の剥離(2)

前の続きを書きたいと思う。発達障害の人は精神年齢が6〜7割と言われているが、処世術などである程度底上げされている部分はあるだろう。ただ、気を抜いたときやボロが出たときにはほかの人から見て6割程度に見積もられていると言われているのかな?そし…

発達障害と健常者の精神年齢の剥離(1)

発達障害業界で言われているこの言葉。「発達障害の人の精神年齢は健常者の6割から7割である」では、これから計算してちょっと年表もどきみたいなものを作っていこうと思う。生まれたばかり(0歳)0×(0.6〜0.7)=0歳 ゼロに何かけてもゼロなのはともかく…

自閉症スペクトラムの概念は応用が広い

「うちの子供は自閉度が高い」「ADHDと軽い自閉」という言葉が、飛び交うときがある。ただ、これらの言葉でわかりにくいのは具体的数値だ。そう、どの程度重いのかがはっきりしないのだ。割と感覚が近いのが、MT車の「半クラッチ」の概念ではないだろ…

さて、不景気と言われている日本経済。発達障害のない学生でもかなりの会社を受け、やっと内定をもらえる厳しい就活事情だ。もちろん、すぐに内定をもらえ、それを何個も蹴る人もいる。その厳しい就活で特に苦労すると思われるのが、発達障害をもった学生だ…