読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイノリティ雑貨店

社会に関すること、自動車、発達障害などを扱うブログです。社会ブログなのか、車ブログなのかよく分からなくなってきました。

不人気な車の魅力を探すと楽しい

人気な車はいい要素がたくさんあると思う。だけど、そんなのって当たり前だと思う。プリウスが燃費いいから素晴らしいよ!みたいなことなんて別に考えても何にも面白くない。

だれも見向きもしないような車っていうのは、気づきにくい魅力が隠されているということなんだよね。もちろん、本当にダメな要素はある。税金の関係とかそういうことで考えるならそうなのかもしれない。
ただ、中古車市場では人気車に比べて値段が安価に設定される傾向があるので経済性を考えるなら不人気車を狙うのもアリ。

ちなみに、ここのタグにもある「はやてとゆうこ」のゆうこが乗っているインプレッサの1.5Lのワゴンは不人気な車である。同じクラスの車に比べて車重が結構あり、加速などが伸びないなどの理由らしい。
(ただし、エンジンは水平対向だ。)
ただ、車重が重い理由としてはインプレッサSTIなどのベースになっているため、ボディ剛性を重視していることによるものだ。だから丈夫にしているから重いと考えればいいのだ。
まぁ、何を重視するかはその人しだいなのでそこまで口を出す気はない。

ちょっと不人気な車の面白いところを探して終わりにしよう。

トヨタ ブレイド→コンパクトな車体に2400cc/3500cc(上位グレード)のエンジンを載せている。 
        日産のティーダとほとんど大きさが変わらないのに、3500ccのエンジンってすごいと思う。
でかい車が好きな人にはあんまり好まれないんだろうね。排気量のデカサは車のでかさがないと気にいらない人も多いのかも。車重が微妙にあるのはしょうがない。

スズキ キザシ→ スズキにしてはかなり頑張っている大型セダン。正直、クラスとしてはマークXに近いのだがSのマークが気に入らない人が多いのかも。個人的にはロゴがかなりかっこいい。

スズキ スプラッシュ→ハンガリーから逆輸入して日本向けに改良された1200cc。スイフトのほうが広いので人気だが、狭さを気にしなければこっちのほうが値段の割に装備が豪華。どうでもいいけど、スピードメーターが200まである。MTがあればたぶんもう少し購買層が増えたんじゃないかと思う。

トヨタ WILL VS→ 最高グレードはセリカの上位エンジンを積んだハッチバック。絶望的に知名度がなさすぎる。実用性と楽しさの中間をとるならお勧め。ただし、中間グレードの1ZZのエンジンのやつを買うならオープンにできるMR-Sのほうが軽くていいかも。まぁ、MR-Sも不人気なんですけどね。

トヨタとスズキしかやってねえけど、なんか飽きたのでおしまい。