読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイノリティ雑貨店

社会に関すること、自動車、発達障害などを扱うブログです。社会ブログなのか、車ブログなのかよく分からなくなってきました。

発達障害の人が嫌い? それ、あんたらが自分で招いたことじゃないの?

しばらく黙っていたんだけど、久しぶりに言わせていただこう。

「おとなの発達障害・・・あなたの職場には?」みたいな話、あれには本当にやきもきした感情を抱いてしまう。これから理由を説明していこう。

自分はここでも、Twitterでも何回か言っているが、「発達障害の人を潰さないかつ、定型発達の人もストレスをためにくくする」ということをするためには「尖った発達障害+サポートとして定型発達者のチーム」を組む必要があるってことを思っている。

 

だが、到底その意識は染み渡るはずもないだろう。思想を広めるためにはあまりにも場所が悪すぎるとしか言いようがない。

日本は、会社員として組織の中でしか動きにくいという特徴があるからだ!

 

それ故にですよ、これは定型発達者側の意識をなんとかしてもらうしかない。

だって、発達障害者が就職活動をうまくやるためにどうすればいいのか?って本とかいっぱいあるじゃん。その上でこの体たらくだからだ。

会社員としての働き方が9割を占めている日本では、発達障害側からいくら歩み寄っても現在の状態では国民の発達障害リテラシーの低さのせいで、「仕事ができない困った人がなんかピーピー言っている」くらいにしか思われないからだ。

 

よっぽど特殊技能や他人の助け、運があって有能な成績を残せているならともかく、発達障害者の能力は、組織として1人がきれいに動くには不利な特性なんですよ。

そんな状態で「なんとかしてよ!」とかいっても、あんたら聞き入れる気はないでしょ?ってことになるのが筋だ。

 

たぶんですよ、あなたたちの答えは「お前が有能になればいいじゃん」って話になるんだけど、それができていたら「大人の発達障害・・・見過ごされてきた・・・」みたいなトピックがなんで出てくるの?って話になるわけじゃないですか。

久しぶりに、青二才こと三沢文也さんの記事の言葉を引用させていただこう。

www.tm2501.com

驚くほど自己評価が低い人、発達障害持ちゆえに一般的なリズム感で話せないから文字にするか一部の話題を共有してる人としか話せない人は男女問わずいる。

 

就活か、営業マンのようにハッタリや自分がいかに有用かをアピールしまくる場所が合わない人が世の中には一定数いる。

まずね、大前提として定型発達者は能力の差はあれど最低限会社で働けるという保障があるんですよ。(金融関係・専門職など実力がモロ反映されまくる業界は除く)

 

言い換えれば、後者の素質は持っているから”くだらないところでつまずかない”ということになるわけだ。この要素は減点法で評価する日本の組織においてはかなり強みとなる。

赤い太字=言語性分野    青い太字=動作性分野

発達障害を診断する時には幾つかの発達障害っぽい特徴・エピソードを持ってるかどうか以外に【IQの偏り】がチェックされる。

 

例えば、発達障害で言語性にIQが振られている僕みたいなタイプは

「言語で人にモノを説明する能力があったり、記憶力が良かったりする」

ため、言葉を使ったり、数を計算したり、覚えたりする競技には強い。

 

逆に、これが動作性に振られている人や、僕よりも体で覚える・感覚でわかることができる人は「なんとなくできる、感覚的にわかる」

という領域で物事をこなすことができる。

 

本来は「どっちもがバランスよくできる」のが普通の人らしいのだが、発達障害を持ってるとどっちかがすごくできたり、できなかったりする。

 そして、評価を高い方に合わせても、低い方に合わせてもどちらの能力も必要とされる仕事をすると、辛くなってしまう。

 

会社員は特別な才能はいらないが、バランスのよさ・そつのなさは求められる。

発達障害の人にとって、「バランスのよさ・そつのなさ」という分野で勝負すること自体、本来は厳しい状態なのですよ。むしろ、ツールなどで適応できている人は本当にすごいと思う。

 

もちろん、「発達生涯に特別な才能なんてない!」というご意見も持っているだろう。その意見は間違ってはいない。

少し前の記事で、自分がこういったことを言及している。

zakka10wasabi.hatenablog.com

【才能?いいえ、あくまで補償機能です

まず、発達障害の人の知能やできる能力っていうのは凸凹なのが基本なんですよ。

ただ、知的障害のないタイプの場合は本来なら知的障害水準~平均レベルにある苦手分野を得意な分野で無理やり伸ばしてカバーしている。

こういうのを「脳の補償機能」っていいます。

結果として、プラマイゼロで表面上はなんとかなるんですよ。バランスが悪いから後でボロが出るんだけどね。

言い方を変えれば、生きるためにその部分を伸ばしてごまかさないといけなかっただけなんだよ。

伸びなくても生きていけるはずだった。むしろ、日本の行き方の密度的には安定な脳のほうがよっぽどいきやすい。

更にいえばカバーの能力にも個人差がすごくある。自分なりにがんばって伸ばしてみたけど、所詮得意分野ですら人並みくらいにしかできないケースなんてたくさん。

 

だいぶネガティブだけど、現実的なことを言っています。特殊能力もあればラッキーだけど、平均すると「タダの人」になりうる場合がほとんど。

むしろ、自分だけではピーキーすぎて組織の中では勝手に動けない分最悪。

 

処世術で表面上は繕えちゃうから、変に期待させちゃうんですよ。

当然その落差で相手が余計いらだつという状態になる。

ただ、憂いているだけなら何の意味もない。

 

「せめて得意(マシ)な部分をうまく使えるようにするべきじゃないか?」ということも考える必要があると思うが、現状ではうまくいっているとは思えない。

 

当事者が、今までの組織で血のにじむようなことやって適応してきた割に成果が出ないなんていうバカみたいな話で退職とか二次障害になるじゃないですか。それって、あなたたちが望んできた状態なの?それか、面接ではじいて無職ってオチ。

会社側だって金の無駄だし、当事者だってメンタルをやられてこれからの人生設計がパーだぜ?引用元の三沢さんあたりなら、どのくらい人生が違っていたんだろうね。

 

たとえ後者だとしても金がなくて自殺か、家庭内の枷としての人生を生きることが前提になるよ?

 

それを望んでいるとしたら、どっちにとっても不幸な発想だということを言っておこう。発達障害を持った時点で、人生終了みたいな話だよね?

 

日本の組織の関係上、定型発達者と比べて能力発揮のしにくさがぜんぜん違う。

あれだよ、他人が当事者だからなんとかなっているだけで自分の兄弟や子供がなっていたらそれは家庭内の収入に直結する問題なんだぜ?

「あのクソ兄貴、ニートになってやがる・・死ね」とかなってるんだろうけど、そういうこと言ってる間は問題なんて一切解決しないからな!

 

要するに、多数決で「会社に迷惑をかけるな!死ね!でもニートになって迷惑をかけるな死ね!」というどっちから攻めても日本の社会から出て行くしかないという最悪な方向に行っているのですよ。

あんたら「社会適応」という最強のバリアー持ってるから排除して見てみぬ振りできるんだろうけど、今や発達障害の割合はクラスや会社内に5%~10%いるとされるわけだ。

そうしたら、人口の5%は必然的に見えない場所へと消え去らなければいけない。この文章の意味がわからなければ、「貴方が頭を悩ませている、会社にいる迷惑な新人」はずっと似たような形で毎年量産されてつぶれて退職している風景が延々と続くことになる。その社会的損失コストを考えたこと、ありますかね?

 

そんなことをしないために、自分は「チームを作る必要がある!」って何回もいうのですよ。それは、発達障害者だけでは作れないんですよ。あまりにもピーキーすぎるし、成果を出したところでうまく説明できるパトロンがいなければ、即刻つぶしにかかるやつらがいることを肝に銘じておかなくてはいけないためだ。

定型発達者が発達障害者に悩まされているのは特性として凹の部分でしょう?

要するに、そこさえなんとかすれば問題は解決できるんですよ。ちょいとコストを払えば病んで退職という最大のコストを未然に防げる。

凹の部分を何かで埋め合わせることさえできれば、足し算で欠点が埋まり、その分もともと持っている武器がすごく使いやすくなるんですよ。

自分が作りたいチームというのはお互いのとんがった部分と、へこんだ部分を埋め合わせて、実はでかい勢力として動ける!というようなものを作りたいんですよ。

要するに、同じことできるやつばっか集めてもしょうがねえんだよ!

「なんで俺らがそんなことやらなくちゃならないんだ!」って声が聞こえてきそうなので、それについて回答しましょう。

当事者が社会適応、世間体、給料、職歴のために「発達障害の就職活動対策」みたいなのを必死にやって会社に入ってきました。

生活保護を許さないっていうんなら、ほかに自営するか、株か、FXでもする?アフィリエイト

一般の人だって死にかける選択肢だよ。邪魔だからといってそれを安易に薦めるのはあまりにも無責任だっていうんだよ。

もうね、この時点でスタートラインが違うことが分かっていないよね。

努力が割に合わない状態になっているのですよ。

あなたはJリーグに受かるために死にもの狂いで練習する気迫を一般的な会社員になるために行いますか?冷静に見れば相当効率悪いです。

発達障害当事者がやっていることはそのレベルに近いんですよ。

でも、知らない人たちはそれは当たり前のようにできると本気で信じている。 そういう苦悩を感じたことがないから。そこには想像力が決して働かない。

発達障害支援法が適用された小学校とかの教育機関はがんばっていると思うよ?

だけど、そのあたりだけでの発達障害リテラシーの浸透ではぜんぜん足りないしこれから病む人が減ることはないと断言するよ。