読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイノリティ雑貨店

社会に関すること、自動車、発達障害などを扱うブログです。社会ブログなのか、車ブログなのかよく分からなくなってきました。

発達障害を隠して働く背景

発達障害

diamond.jp

togetter.com

「障害者の癖に業務を邪魔してまでまともな給料をもらおうと思うな」ということに尽きるのだろうけど、そうせざるを得ない状況が日本の雇用にはあるんじゃないかなということだ。

 

実際、障害をオープンにすると余裕のない企業にとっては「雇いたくない」みたいなことがおきる。これは精神障害、身体障害、知的障害のどのパターンにもあてはまる。総合的に見れば、障害者年金だけで暮らしていたほうが治療のスピードなどから考えればましになってしまうことがほとんどだ。

細かい話はぼかすが、自分の友人に障害者雇用で働いている奴がいる。彼は数年働いたのだが、やめることになってしまった。

話を聞いている限り、「障害者を雇用するよ!という枠はおいてあるんだけど、そのあとのフォローがなさすぎて実質、給料が安いだけの状態になっているだけだな」ということだ。

大企業とかには障害者の法定雇用率が定められている。達成しないことには企業は罰金を払わなくてはいけないのだ。まぁ、罰金を払うのは労働者ではないのでこっちの知った話ではないのだが、法定雇用率は「ただ上げれば解決する」ものではない。

障害者雇用のおおまかな話はこの程度にしておこう。ここから発達障害の話に移ろうと思います。

発達障害の人は、よっぽど自閉が重くて社会生活が明らかに問題がある!というレベルじゃないと障害者手帳がもらえるような層は少ない。しかも、アスペ特有のコミュニケーション能力のせいで生活に困難がある程度ではバスや映画が安くなる程度の3級しかもらえない。

そう、社会的には働けないけど政府が金銭的に支援してくれるわけじゃないんですよ。

だから、彼らは無理やりにでも働いて「迷惑だ!辞めてくれ!」といわれても無視するか、生活保護に頼るか、路上生活か自殺、家の中で養ってもらいながらニートしているという選択肢しかないわけ。好きで選んでいるわけじゃないの。

二次障害で病んで、精神障害手帳2級貰える状態になってからじゃ復帰はきつい。

だいたい新卒時点で病んで生活保護を申請するにしても、「帰れ」と言われるのが今の行政だからそもそも制度自体が機能していないのですよ。

だから残っているのは職場に迷惑をかけるか、親に迷惑をかけるか、死ぬか路上生活。みたいな話になってしまう。

"ぼくがつくった変人排除のシステム"が知らない間に出来上がっており、得するのは「社会人ということで威張りたい奴」だけだ。

日本にいる38%の自己責任厨さんの人たちは「親や社会に対して迷惑をかける」ということに関して異常に厳しいから、「路上生活 or Die 」を彼らに望んでいることになる。なんだよこの国!(※38%というのは本当です)

発達障害の人に「作業所などの障害者雇用」を与えればいいじゃんというやつは何もわかっていないんですよ。あれは知的障害があって、障害者年金がもらえる前提での給料体系だ。アスペルガーの人なんて下手すれば、脳の補償機能の影響で平均よりIQが高くて年金なんて問題外なんて層がほとんどだ。

定義からしても「IQが70以上」ということだから「IQが71~85」という境界知能層は「知的能力は平均以下だけど、制度の助けは何もない」という最悪な状態の人だっているんだぞ!パッと見が普通だから軽く話した時点ではどう考えても問題が見えないんだよ。

彼らなりに頑張っても「甘え」と言われやすい。今の日本では、凸凹のある人が扱えないので、高IQ層も似たような状況だが得意分野でカバーできることが多いようなイメージ。

それでも「作業所でもいいから働いて自立しろバカ!」という人にはこれを読んでもらいたい。

 

diamond.jp

 漠然とした生きづらさを抱え、大人になると、どこにも行き場がない。彼は、就活を諦めて、知的障害者の作業所を選ばざるを得なかった。

 ところが、1日午前9時から午後4時まで働いて、賃金は500円。昼食の弁当代に380円徴収されるため、差し引き120円では、交通費にもならない。

 そして彼は朝、起きられなくなった。さらに、

「遅刻しないで来い!」

 と、スタッフから言われるだけで、作業所にも通えなくなってしまった。

 

この給与で働いて自立できるはずがない。120円だと田舎のバスの区間だって2区間行けるかどうかがギリギリだ。

「俺だって安い給料で頑張って働いているんだ!」って怒鳴り散らすレベルの話じゃない。最低賃金なんて通用しない「工賃」の世界だから。

 発達障害の人だって脳の凸凹な特性を抱えたまま生活しなくちゃいけない。

会社や政府が凹の部分をカバーしてまで凸を活かす手間をかけるなら排除するという考えならば、職場に仕事がうまくいかない迷惑な奴が来た!といわれてもその状態を改善することなんかできるわけがないんですよ。

例え、当事者向けの枠があってオープンの就労をしてもその人の扱い方を知らない奴ばかりの組織で給料だけ安くされても何の意味もないんだよ!それ以前に、オープンでは採用できないってところのほうが圧倒的に多いんじゃないの?

それだったら、最初から迷惑かけてでも普通の雇用に行くしかまともな選択肢がないからこういうことになっている。

運用方法を間違っている以上、うまくいかないのは当たり前だし本人や同僚、上司の誰も得しないことくらい分かれよ!

定型発達者ですら上司が無茶苦茶で病む人もいるし、会社自体のやり方がデタラメでもそれを当たり前だと思い込んでいる層を日本の当たり前の働き方にしちゃいけないはずなのに、それを表立って問題にすることはない。

ましてや就活生がパワハラとか変なマナーなど、いろんな話を聞いて「社会に出るのが怖い」と直感的に不安を感じさせていることが異常事態だと感じるべき! 

発達障害者が就労できないとか考える前に、健常者ですらブラックな労働環境であまりに病むことが多いんじゃないの?って疑問をなんで最初に考えないのさ。その放置している状態を悪いとも感じないのが社会適合者としての称号を与えられるっていうのも変な話だよ。そんなバカみたいな話の前提で「発達障害がどうのこうの」なんていっている場合じゃない。